Music アーティスト紹介

Blue in Green /kiki vivi lily × SUKISHAを一人でCoverしてみたよ!

みなさん、こんにちは最近lofi 系シンガーソングライター
になりつつあるKUNI KUNO SAKUです。

今回は
尊敬するトラックメーカー ! SUKISHAさん達の作品


Blue in Green /kiki vivi lily × SUKISHA を

一人でcoverしてみたという動画を先日出し投稿したので、

Coverしてみて得られたアイデア・感想などを忘備録も兼ねて
書いていこうと思います!

Blue in Green kiki vivi lily × SUKISHAを聞いて!!

今回、CoverしたBlue in Green kiki vivi lily × SUKISHA

まだ聴いたことがない方は必ずチェックしてください!!!!

Neosoul・lofi 系のミュージックが好きなら、絶対にハマる!!!!


まずはご本家のMVをご覧ください!!!

滴る雨の中、最高にお洒落なコードワークのエレピをバックに
透き通るような声が、鳴り響く・・・

最高にDope・・・・(多分使い方間違ってます。)

お二方については、好きすぎてここでは書ききれないので、
取り急ぎ、オフィシャルサイト情報を載せておこうと思います!
また後日書きます!

kiki vivi lily さんの情報

https://clubberia.com/ja/interviews/775-kiki-vivi-lily/

SUKISHA さんの情報

https://sukisha.jp/

こんなCoverをしてみた!

ということで、この名作を一人でcoverしてみました

本当はSUKISHAさんのDTM写経(完コピすることで、アイデアを学ぶこと)をやるつもりだったのですが、あまりに時間がかかりそうだったのでコード進行だけをギターでさらう感じにしました!

結果、

  • ボーカル
  • ギター
  • コーラス
  • ボイスパーカッション
  • 手拍子

だけでcoverという中々の無茶をしました(笑)

Coverから学べたアイデア!

サビの途中で使うとアウト感を出せるコード 〇7 (#11)

この曲をcoverしていて一番気持ちよかったのは
サビの途中に〇7(#11) セブンス・#イレブンスのコードが 使用されているところ!
(cover動画 0:58 辺り)

ただセブンスを弾くのではなく、#11というテンションを加えることで、絶妙な緊張感を
持たせています。

他にも、この〇7(#11)が使われている有名な曲に
Neosoul系ミュージシャンに愛されてやまない名曲

feel like making loveがあります!

サビ前で〇7(#11) が使用されているので、是非聞いてみてください!

使いすぎると、癖が強すぎの曲になってしまいますが、曲に1つだけ仕込ませておくと
めちゃくちゃオーディエンスを魅了する材料になります!

コーラスの組み立て方

コードワークの他に コーラスの作り方も非常勉強になりました。

私が聞き取ることができた範囲で
この音源のボーカル・コーラスパートは全部で、4つあり

サビ部分に注目すると、

  • メインボーカル
  • メインボーカルと同じコーラス
  • オクターブ下のコーラス
  • ハモリのコーラス
    (コーラスの音からみてメインボーカルのが、メジャー/マイナー3度の音程になっていることが多い)

で構成されているようです!

まず、メインボーカルと同じ音程のコーラスを加えることで、
ものすごい早いディレイがかかったようなサウンドになります。

その後オクターブ下のコーラスを入れることで、音の厚みを増します。
このオクターブ下のコーラスはcity pop系の曲でよく使われる手法

「くるり-琥珀色の街、上海ガニの空」 でも用いられています。

ハモリパートでは
メインボーカルの音が ハモリからみて3度上になるように、
音が構成されているように思われます。

既にオクターブ下・同じ音程のコーラスが入っているため、
サビ部分 全ての音にハモリを入れてしまうと
全体がごちゃごちゃしてしまうため、
聞かせたい部分に限定してハモリパートを入れています。

Lofi系・Neosoul系・City Popソングを作るときは、是非この

メインボーカル + (オクターブ下  + ハモリ + 同じ音程)のコーラス

手法を参考にしてみましょう!!!

まとめ

ということで、今回のまとめ!

今回Green in Blue / kiki vivi lily ×SUKISHAさんのcoverをしてみて、
得られた2つのアイデアは

  • 〇7(#11)を使うことで曲のアウト感を演出する
  • コーラスの4部構成
    メインボーカル + (オクターブ下  + ハモリ + 同じ音程)のコーラス

でした!両方ともLofi やNeosoul系の音楽のアレンジ・作曲をしたいときに
使えるアイデアだと思うので、皆さんも是非参考にしてみてください

最後まで御覧頂きありがとうございました!

https://www.youtube.com/channel/UC-2qTtTUviaoGMwBiIqM7RQ?view_as=subscriber

-Music, アーティスト紹介

© 2021 KUNI BLOG Powered by AFFINGER5